パン製造の補助アルバイトから正社員になれる

今の世の中、アルバイトやフリーターから正社員になるというのは、正直なかなか厳しい道ではあると思います。

 

しかし、本人に「絶対成し遂げるんだ」という強い気持ちがあれば、可能性は決して0ではないと思います。

 

私の周囲には、元々は正規職人の人手不足から簡単なパン製造の補助アルバイトで入ったのが、今はその店でパン作りを一手に担って働いているという人がいます。

勿論、正社員として雇用され、今では新しいアルバイトの面接なども行っています。

 

近々支店を出すらしく、そこの店長を任されるという話です。

この人の場合は、補助アルバイトで入ったパン作りが楽しく、休みの日なども工場へ行ってパン作りを学んだり、自分で考えたパンを提案したりと、正社員になりたくてしたわけじゃない行動が、上から評価されて結果として正社員になったようです。

 

また、スポーツ用品店の販売のアルバイトで入った友人は、アルバイトを経て正社員になりました。

 

彼の場合は、最初から正社員になるという明確な目標を持っていて、面接の時にもそれを伝えたそうです。

 

当初「正社員としては採用する予定がない」と言われたみたいですが、丁寧な接客で次第に彼に固定客がつくようになり、売上が店内で一番という月が何度もあって、1年半後には正社員として晴れて採用されました。

 

それでも、フリーターからいきなり正社員になるのは安易ではないと思えます。

そこで、派遣会社に登録して派遣社員として働くのはどうでしょうか。

 

私自身、正社員として働いていた会社で、派遣会社から派遣されてきた方が後に正社員として雇用されていた事がありました。

道は必ずあると信じて頑張って下さい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ