打ち子の募集には限りがあります

パチンコ店でパチンコやスロットをやっている人は、全てがお客さんというわけではありません。

サクラのような存在、いわゆる打ち子が存在しているのです。

 

打ち子は、周りから見て分かってしまうのでは意味がないため、一見すると普通のお客さんのように見える振る舞いをしています。

 

打ち子は、さまざまな場面で募集が行われています。しかし、パチンコ店の正規の求人として掲載されるということは通常ありません。

そのため、打ち子の募集を探すのには手間がかかります。効率的に募集を見つけるためには、パチンコ店との関係を良くしておくことが大切です。

信頼を勝ち取ることができれば、声がかかるチャンスが出てきます。

 

打ち子の募集が多いのは、言うまでもなくパチンコ店が多く開業している地域です。

パチンコ店が多い地域で、頻繁にパチンコの遊戯をするように心がける必要があります。

店員に嫌われる行動は絶対に避けなければなりません。

 

また、打ち子は登録制のシステムになっていることが多いので、すぐに仕事をすることができないとしても、早い段階で登録を済ませておくことが大切です。

募集が出た時点で登録が済んでいなければ、打ち子として活動したくても、活動することができません。

 

パチンコやスロットの打ち子というのは、それぞれの地域ごとに定員が決められているという点に注意が必要です。

口コミなどの情報を集めて、定員の多い地域を探してみることも有益です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ