アルバイト面接を何度受けても落ちてしまう方は何が原因か?

アルバイトの面接を受けても受けても落ちてしまうと言う男性は、面接での受け答え方に問題があるかもしれないです。
小さな声でお答えしていると面接官からこの人は働いているときでもこんな小さな声なのだろうかと思われてしまいます。

 

聞かれたことにはある程度の声を張ってお答えされたほうが印象が良くなります。
それ程大きな声を出すとかえって逆効果なので、元気に感じられる程度の声でお答えするように心がけると良いです。

 

アルバイトでも志望動機を聞かれることがありますので、理由を事前に考えておいたほうが良いです。
ただ興味がありましたのでとお答えすると、その後でどこに興味を持たれたのですかと突っ込まれて聞かれて答えられないときもマイナスポイントです。

 

アルバイトの面接時の服装はスーツでなくても構いませんが、小奇麗な恰好で行かれたほうが良いです。
履歴書に貼る写真も小奇麗な恰好で写されたほうが良いです。

 

最近では履歴書をパソコンで印刷される方も多いでしょうが、やはり手書きで丁寧に書かれたほうが面接官の印象に残ります。
趣味、特技の欄も空白よりは何かで埋めておいたほうが良いです。

 

冬場に面接を受けるときはコートを着用して行かれる方が多いでしょうが、面接を受けるときはコートは脱いだほうが賢明です。
細かい事ですが意外と面接官の方はチェックしていることが多いです。

 

面接ではどれくらいの期間で働けるのか聞かれることがあります。
会社やお店としても採用してすぐ辞められると困るので、最低でも1年は働けることが大切です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ