声優になるための道筋とは

初めに声優になるのはかなり難関な道のりと言っていいでしょう。

声優を職業とするには特別に試験に通るとか、資格が必要であるとかいうわけではありませんが、声優を志望する人の多さに比べると実際に声優としてやっていける人の割合が少ないので、需給ギャップが大きい業界と言えます。

 

それでも声優を目指す人の道筋として主なものは3つです。

 

一つ目は声優を養成する専門学校に入ることです。

ちなみに声優を養成する専門学校はたくさんありますので、事前にいろいろ調べてから入ることがよいでしょう。

ただし、当たり前のことではありますが、専門学校を卒業したからと言って確実に声優になれる限ったわけではありません。

 

二つ目には声優の養成所に入ることです。

養成所はほとんどが、声優の所属しているプロダクションなどが設立しています。

こちらは一つ目の声優の専門学校を卒業してから入るという人もかなり多いですが、養成所に直接入ることももちろんできます。

 

養成所に入る方法は入所審査に合格しなければなりませんが、たいていはオーディションがあるので、専門学校で基礎を学んでいた方が有利というわけです。

養成所の多くがプロダクションと直結しているので、養成所で勉強と訓練を受けながら実力を磨き、プロダクションに入るチャンスを待つというやり方です。

 

三つ目には劇団などに入団して、修行を積みながら声優の目指すという方法です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ