転職を成功させるために必要なことは

現在の仕事から他の職場への転職をお考えの人も少なくないでしょう。やはり、転職理由にはいろんな事情や理由がありますが、中でも職場の人間関係や待遇・環境など、多くの理由で転職を考える場合もあるはずです。

 

そこで、転職する際になるべくマイナスイメージを持たれないように、ステップアップと意味のある転職と考え、勇気を持って退職するのも選択肢の一つではないでしょうか。今のお給料に不満があるという場合、次の職場ではそれまで培ったスキルを生かせるように、面接であなたをしっかりとアピールしてください。

 

当然、転職理由や退職理由を聞かれるとは思うのですが、そこで本音を言い過ぎるのは良くないでしょう。お給料に不満があったり、人間関係での転職希望であれば、また同じように辞めてしまうかもしれない!そうマイナスに思われてしまいます。なので、いかにうまくそれを言いこなせるかが大切になるでしょう。

 

スキルアップのため、新たな職場で挑戦したかった!などと告げ、あなたをできるだけアピールしてください。
何事もチャレンジ精神は大事ですし、意欲を買われる可能性も高いので、できるだけ元気よくプラス思考な考えで面接官に訴えましょう。そうすれば、面接官にも伝わるかもしれませんし、転職に成功できるかもしれないですよね?

 

あまり自分を大きく見せようとせず、できるだけ自然体で面接に望むことも必要でしょう。転職サイトはネットで探せば簡単に見つかりますし、たくさんの転職体験談がネットには転がっているので、それらを見ながら良い部分を参考にするのも良いのではないでしょうか。

転職活動を始める前に整理して欲しい2つの項目

現在の職場の給与や待遇、人間関係に満足できない等の理由で転職を考えられる事も多いでしょう。しかし、不満に感じつつも、中々決断するのも難しいものです。

それは、自分が培って来たスキルを活かす事ができ、かつ不満を解消できるような会社や仕事を見つける事が出来るのだろうかと言った漠然とした不安があるからでしょう。

 

不安を払拭し、新たな挑戦を行うに当たり、まず2点について整理してみましょう。その第1は、自分の不満である給与・待遇がどの程度改善される事を望んでいるのか、またそれが満たされるなら、仕事の成果の要求が強くなったり、残業時間などが増えると言った他の要素の悪化をどの程度許容するかを整理する事です。

 

すべてに満足できる会社や仕事が見つかればラッキーですが、自分の現在の最大の不満が除去されるなら、他の要素が若干悪化しても良いと言う考えを整理する事で、自分の転職先を探す条件を明確化すると共に、転職への思いの強さを再確認する事にもなるのです。

 

次に自分のスキルを棚卸しし、整理してみましょう。仕事を推進するためには様々なスキルが必要で、現職で培ったスキルを大項目に区分し、大項目毎にさらに小項目を列挙してみましょう。スキルには、仕事に関連する専門的な項目もありますし、組織人・社会人としてのマネジメントスキルと言った一般的な事項もありますし、パソコンスキルと言ったものもあり、これらすべてを列挙するのです。

 

こうして列挙したスキルについて、自信の度合と同僚等と比較した客観的なレベルを5段階評価してみましょう。この整理によって、転職先でその中のどのスキルを武器として活かしたいのかを明確化する事で、転職先として探す仕事の範囲を明確にすると共に、面接時などに自分の特徴を適切に答える事が出来るようになるのです。

 

この2つの整理をした上で、適切な転職サイトや転職エージェントを活用して、新たなチャレンジのスタートを切られれば良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ